HOME  ≫ 工数削減によるコストダウン : 溶接縮みの影響における設計のポイント

溶接縮みの影響における設計のポイント

突き合せ溶接は溶接縮みが発生するために寸法精度を確保する工数がかかります。

溶接部が機械加工面にこないように仕込むことで、開先加工や肉盛り除去の工程が省けるとともに、切削加工をスムーズにすることが可能になります。

大型のワークを溶接する際に溶接前に部材の状態で穴加工をすることができ、大幅な作業工数を削減することができる。

<<加工面突合せにおける設計のポイント

角パイプを用いた架台の設計におけるポイント>>

資料請求・お問い合わせ

緊急トラブル駆け付けサービス&設備寿命を延ばしコスト削減を可能にするコストダウン設備メンテ.com