HOME  ≫ 工数削減によるコストダウン : 角パイプを用いた架台におけるポイント

角パイプを用いた架台におけるポイント

部材内部に配線や排水目的の空洞が必要ない場合にもかかわらず、工数がかかる角度切りなどが採用されているケースがあります。

場合によっては図面にあえて角度切りなどの指示を記載しないことで、作業工数のかからない溶接・組立が可能になります。

設計技術者は図面をひく手間が少なくなり、作業者はワークに応じた作業工程を選択することができ、双方で工数の削減になります。

<<溶接縮みの影響における設計のポイント

溝形鋼・アングルを用いた架台における設計のポイント>>

資料請求・お問い合わせ

緊急トラブル駆け付けサービス&設備寿命を延ばしコスト削減を可能にするコストダウン設備メンテ.com