HOME  ≫ 工数削減によるコストダウン : 溝形鋼・アングルを用いた架台における設計のポイント

溝形鋼・アングルを用いた架台における設計のポイント

2つの部材を溶接するために、片方の部材を切り欠きする必要があります。

組み方に問題がない場合では、部材の切り・欠きが不要になります。

部材を組み合わせる際に部材の形状をそのままで溶接することで、工数を削減すると同時に、切り欠きによる金属の歪みを防止します。

<<角パイプを用いた架台の設計におけるポイント

溶接部の仕上げにおける設計のポイント>>

資料請求・お問い合わせ

緊急トラブル駆け付けサービス&設備寿命を延ばしコスト削減を可能にするコストダウン設備メンテ.com