HOME  ≫ 工数削減によるコストダウン : 溶接部の仕上げにおける設計のポイント

溶接部の仕上げにおける設計のポイント

外周溶接をすると開先加工の仕上げ作業が必要になります。

内側だけを肉付溶接をすることで開先加工が不要になり、工数が削減できます。

必要以上に強度を出さなくても良い場合は、チャンネルの内側だけ肉盛溶接で固定します。そうすることによって工数を削減できる上に外観も綺麗に仕上げることができます。

<<溝形鋼・アングルを用いた架台における設計のポイント



溶接しろの活用における設計のポイント>>

資料請求・お問い合わせ

緊急トラブル駆け付けサービス&設備寿命を延ばしコスト削減を可能にするコストダウン設備メンテ.com