HOME  ≫ 工数削減によるコストダウン : 鋼材形状を活用した設計のポイント

鋼材形状を活用した設計のポイント

L型のブラケットやエ型のブラケットでフラットバーを溶接して作るため、開先を取る作業が発生します。   ※設計上問題がない場合に限ります

アングルやチャンネル、H鋼の形状を活用することにより作業工数を削減することができます。   ※設計上問題がない場合に限ります

設計上で問題がないのであれば、鋼材のもともとの形状を利用することで大幅な工数削減を実現することができます。

<<溶接しろの活用における設計のポイント

鋼材形状の溶接における設計のポイント>>

資料請求・お問い合わせ

緊急トラブル駆け付けサービス&設備寿命を延ばしコスト削減を可能にするコストダウン設備メンテ.com