HOME  ≫ 工数削減によるコストダウン : 鋼材形状の溶接における設計のポイント

鋼材形状の溶接における設計のポイント

チャンネルやH鋼の内側溶接は溶接トーチが入らなかったりするので強度不足になる上に、開先加工仕上げが必要になります。

チャンネルやH鋼の向きを変える事で溶接しろを出すことができ、大幅な工数の削減になります。

形状や外観にこだわる必要がない場合では、鋼材同士の溶接箇所を変える事で工数を削減することができます。さらに強度や精度も出しやすくなります。

<<鋼材形状を活用した設計のポイント

ブラケットにおける設計のポイント>>

資料請求・お問い合わせ

緊急トラブル駆け付けサービス&設備寿命を延ばしコスト削減を可能にするコストダウン設備メンテ.com