HOME  ≫ 工数削減によるコストダウン : ブラケットにおける設計のポイント

ブラケットにおける設計のポイント

切削加工面が1面あり、さらに開先加工や肉盛除去の工程が必要になります。
※面粗度を指定する必要がない場合に限ります

片面に冷間材を活用することで切削加工が1面のみで済み、工程を削減することができます。   ※面粗度を指定する必要がない場合に限ります

ある程度の面粗度で良い場合には、冷間材を利用することで切削面を少なくでき工数を大幅に削減することができます。

<<鋼材形状の溶接における設計のポイント

パイプ同士の溶接における設計のポイント>>

資料請求・お問い合わせ

緊急トラブル駆け付けサービス&設備寿命を延ばしコスト削減を可能にするコストダウン設備メンテ.com