HOME  ≫ 工数削減によるコストダウン : パイプ同士の溶接における設計のポイント

パイプ同士の溶接における設計のポイント

同径同士のパイプ接合作業は突き合せ形状の切り出しに時間がかかる上、溶接箇所が多くなり歪みやすくなります。

パイプを異径にすることで穴をあけ入れ込むだけで済み、切り込み作業が発生しません。さらに溶接箇所が少なくなり歪みを小さくすることができます。

同径のパイプ接合では切り出し作業が必要となりますが、異径のパイプ接合にすることで穴加工になり工数を削減することができます。

<<ブラケットにおける設計のポイント

資料請求・お問い合わせ

緊急トラブル駆け付けサービス&設備寿命を延ばしコスト削減を可能にするコストダウン設備メンテ.com