HOME  ≫ 材料費削減によるコストダウン : JIS 規格の活用における設計のポイント

JIS 規格の活用における設計のポイント

部材の寸法に厳密な取り決めがない場合でもJIS規格にない寸法で図面がかかれており、寸法を出す為に加工が必要になってしまいます

JIS鋼材規格に沿った寸法取りをすることで加工の手間を省くことができ、工数削減を実現できます。

部材をJISの規格寸法に合せる事で加工工程をなくすだけでなく、部材の切り欠きが誘発する歪みをなくすこともできます。

溶接構造の活用における設計のポイント>>

資料請求・お問い合わせ

緊急トラブル駆け付けサービス&設備寿命を延ばしコスト削減を可能にするコストダウン設備メンテ.com