HOME  ≫ 材料費削減によるコストダウン : 型鋼を利用したブラケットにおける設計のポイント

型鋼を利用したブラケットにおける設計のポイント

L型のブラケットなどの製作時2枚のフラットバーを溶接して作ると、突き合せ溶接や開先溶接に工数がかかります。

型鋼(アングル)などをそのままの材で使うことにより作業の手間が随分と減ります。

精度に問題がなければ、フラットバーを使用するのではなく、アングルやエ型を利用することで溶接工程を削減することができます。

<<溶接構造の活用における設計のポイント

資料請求・お問い合わせ

緊急トラブル駆け付けサービス&設備寿命を延ばしコスト削減を可能にするコストダウン設備メンテ.com