HOME  ≫ 品質向上によるコストダウン : 薄板容器における設計のポイント

薄板容器における設計のポイント

左の写真は歪みが取れていない様子です。中・右はいずれも歪み修正済みですが、薄板の突合せ溶接、歪み修正は非常に高度な技術を必要とします。

極薄板(t0.5~1.2)の溶接は金属板が非常に歪みやすく、さらに歪みを取ることも難しくなります。

ヘリ継手を活用することで溶接歪みの発生を軽減し、さらに歪み取りが容易になります。

ヘリ継手溶接を活用する事で、溶接の難易度を下げる事ができます。また、ヘリ曲げ部分で歪みを吸収できるため、歪みの除去も容易になります。

<<4本足架台における設計のポイント

バフ研磨品における設計のポイント>>

資料請求・お問い合わせ

緊急トラブル駆け付けサービス&設備寿命を延ばしコスト削減を可能にするコストダウン設備メンテ.com