HOME  ≫ 品質向上によるコストダウン : 角窓付き容器における設計のポイント

角窓付き容器における設計のポイント

角窓部の端面がばらばらに配置された図面だと、いずれかの角窓のふちが歪みやすく展開や切欠き作業の際工数が増えます。

角窓部の端面を揃えてることで歪みが均等に分散します。

不規則な角窓の端面を揃える事で、歪みが一箇所に集中することを防止します。そうすることで不要な工数も削減でき、品質が向上します。

<<バフ研磨品における設計のポイント

窓枠取付における設計のポイント>>

資料請求・お問い合わせ

緊急トラブル駆け付けサービス&設備寿命を延ばしコスト削減を可能にするコストダウン設備メンテ.com