HOME  ≫ 材料費削減によるコストダウン : 窓枠取付けにおける設計のポイント

窓枠取付けにおける設計のポイント

溶接箇所が多く、反りの原因になります。
そのためカバー取り付け用の板自体の直線度が保持が難しくなってしまいます。

アングル又は、曲げ加工した板材をパネル貼付部に使用し、プラグ溶接を使用して固定することで直線を保持することができます。

アングルまたは曲げ加工をした板材を使用し、プラグ溶接をすることにより、直線精度を保つことができます。さらに、溶接作業が容易になり作業時間の短縮につながります。

<<バフ研磨品における設計のポイント

資料請求・お問い合わせ

緊急トラブル駆け付けサービス&設備寿命を延ばしコスト削減を可能にするコストダウン設備メンテ.com